家族の幸せを応援する 主婦・ママ向けメディアサイト

FeTRUC

暮らし

ダイエットのモチベーションが下がった時に行うべき3つのこと

投稿日:2019年8月30日 更新日:

ダイエットをされてる皆さん、お疲れ様です!

毎日自分の体と戦っていて、お疲れではありませんか?

「やったー!体重が減ってる!」という時はすごく嬉しいですよね。もっと頑張ろうって思います。

でも逆にそんなに食べていないはずなのに「体重が減らない!おかしい!」という時!!

「わーもうやだ!ダイエットなんか辞めて好きな物食べちゃえ~!」と自暴自棄になりがちです。

今回はどうしたら一度下がったモチベーションを再び上げられるのか、「モチベーションが下がった時に行べきこと」をお伝えしていきます!

 



ダイエットのモチベーションが下がる原因とは?

完璧主義者になってない?

ダイエットのモチベーションが下がりやすい人の特徴は・・・完璧主義者です。

「え?なんで?ちゃんとやれば結果はついてくるんじゃないの?」と思いますよね。

確かにずっと自分を追い込めば痩せます。ですが、果たしてそれを人間は一生出来るのでしょうか?

答えはノー。

単純に食べる量を減らしたり、運動を沢山やっていけば減るかもしれません。

でも仮に体重が減ってたとしても、それは脂肪だけが減っているわけではなく、筋肉も一緒に減っていくのです。

そうすると代謝が落ち太りやすい体になってしまいます。

 

ストレス溜まってない?

そして一番良くないのはストレスを溜めること。

ストレスが原因で自律神経が乱れたりすると、頑張りすぎた反動で暴飲暴食に走ったり、睡眠の質も悪くなり痩せにくくなります。

そのため完璧にダイエットをやろうとするのではなくて、60~70点を目指すことをおすすめします。

 

速攻!モチベーションを上げる3つの方法!

具体的な目標を決める

なーなーとやるより具体的な目標を決めましょう!

例でいうと私は春に友達の結婚式を控えていたのでそれまでに-5㎏、もし達成したら-3㎏とダイエットの目標値を細かく決めていました。

しかし数値設定での難点は「ダイエット中に体重が思うように下がらないと、モチベーションが下がりやすくなる」ということ。

そのため数値設定は苦手!という方は、小さな目標を立てることをおすすめします。

  • 前に着ていた1サイズ小さい服を着れるようにする。
  • 夏に水着を恥ずかしがらずに着たい!

など、何でもOK!大小関わらずまずはダイエット目標を明確にすることが重要。

 

誰にでもある停滞期。少しの変化を加えるだけで動き出す!

皆さん誰しもが経験する「停滞期」。

ダイエットをすると最初のうちびっくりするくらい減りますよね?

でも、ダイエットをしばらく続けていると、段々体重の減りが悪くなっていきます。

実は最初のうちに抜けてるのは水分なんです。

今まで何も気にせず自由に食べている人は塩分濃度も上がっているので、食べる量を減らすと浮腫んでる分の体重が減っていきます。

なのでダイエットを続けると体は、「あ!この人はこの量が正常になったんだね。僕たちも省エネモードになろう」と体が慣れてくるのです。

ここからが「停滞期」のはじまり。

しかし、停滞期はダイエットが順調な証拠!

それなのに、停滞期で体重が減らないからと元の食事に戻してしまうのはNG!必ずリバウンドしてしまいますよ。

停滞期で落ち込む前に、何か少しでもいいので毎日のやることを変化させていきましょう。

そうすることでもモチベーションアップにつながります。

例えば…

  • 20分ウォーキングをしているならプラス10分筋トレをする。
  • ご飯山盛り1杯にしている方はふつう盛りにして、その分タンパク質を多めにとる。
  • 21時まで夜ごはんを食べてた人は1時間早くして20時までに食べ終える。

など、何でも良いのです。注意すべき点は「決めたルールを絶対守らなくては!」と固くならないこと。

冒頭でもお伝えしましたが60~70点を目指しましょう。1日置きにとかもいいですね。

 

適度な食事管理でモチベーションの上下を激しくさせない!

「食事8割 運動2割」という言葉。皆さん聞いたことありますか?

はい、実は食事はダイエットをするのにとっても重要なのです。

断食、たまごだけダイエット、りんごだけダイエット、酵素ドリンク置き換えダイエット・・・もはやリバウンドへの準備です。

我慢をすると必ず反動がきます。朝ごはんをよく抜く方もいますが、朝ごはんは腸を活性化し、1日のエネルギーになる重要な食事です。

人間には基礎代謝量というものがあり、必ず基礎代謝以上のカロリーを摂取しないと、どんどん代謝が落ち太りやすくなってしまいます。

また夜遅くにご飯を食べると、寝る前までに食べたものが消化しきれないため、その分は脂肪になってしまいます。

なので朝は必ず食べましょう。

食べるものは偏りがないように、「まごはやさしい」これを頭にいれて食事をすることおすすめします!

まごはやさしい

「ま→豆」
「ご→ごま」
「わ→わかめ」
「や→野菜」
「さ→魚」
「し→椎茸」
「い→いも」

これらを組み合わせるとバランスよくタンパク質・ミネラル・良質な油・ビタミンB群・ビタミンC・DHA・EPA・タウリン・カルシウム・食物繊維などが摂取できます。

またダイエットだけでなく健康な体になるためにもとっても大切です。

外食ばかり食べるより身も心も落ち着きます。気持ちを落ち着かせるのもモチベーションの上下が激しくならないのでコツの一つです。

一度自分の基礎代謝はどのくらいか、知ってみるのも良いですね!

基礎代謝量計算サイトは「こちら

 

どうしてもモチベーションが上がらない時はどうしたら良い?

それは…「息抜き」です。

友達や大切な人と食べるときくらいは気にせず食べること。

その日だけはダイエットのことは忘れ歌を歌ったり、ショッピングをして自分を楽しせましょう!

もし食べ過ぎて体重が沢山増えても大丈夫。

脂肪1㎏増やすのに7200calも必要とされています。

なので次の日は食べるのを減らすのではなく、あくまでも元の食事に戻す。

そうするだけで一時的に増えた体重は水分なので2~3日で元に戻ります。

 

ストレスを溜めないことが一番!少しの変化も楽しんで♡

ダイエット成功の秘訣は体重の数字にとらわれないこと。

体重は水分で一時的に増えます。カロリーがなくても水分の割合が高いものを食べたらそれは増えます。

数値にだけにとらわれないためにも、毎日鏡の前に立ち自分の体型を見ましょう。

写真を撮るもよし、自分の体のお肉をさわるもよし、

「数字は増えてるけど、見た目はすっきりしてる。浮腫んでない。」

「筋肉増えて引き締まったな!頑張ってるな自分。」

と自分のちょっとした変化に気づき、モチベーションアップにつながります。

良い点を発見できたら沢山自分を褒めてあげましょうね!

 

オススメ記事


「おひたし以外の」激ウマ ほうれん草の主菜&副菜レシピ

ほうれん草って季節を問わず手に入る、主婦にとって食卓に欠かせない食材ですよね。 くせがないので、みんな大好きなお野菜のひとつです。 だけどその割りには、おひたしとかコーンのバター炒めとか、どうしても決 ...

\ FeTRUCの最新記事をお届け! /

-暮らし
-

Copyright© FeTRUC , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.