家族の幸せを応援する 主婦・ママ向けメディアサイト

FeTRUC

暮らし

服にコーヒーをこぼしてしまった!対処法とNG行動は!?

投稿日:


 
お出かけ中に立ち寄ったカフェで、うっかりコーヒーを服にこぼしてしまって、あたふた…悲しかな、そんな経験一度はありませんか?

でも、下手に触ってシミが広がったりでもしたらどうしよう…こんな時どうすればいいかわからない…って方、多いんじゃないでしょうか。

対処法さえ知っておけば、いざという時服にシミを残さずに済みます!

今回は、やってしまいがちなNG行動も合わせてご紹介します。

 



服にうっかりこぼしてしまったコーヒー…すぐできる対処法は?


 
これ、一番知りたいですよね!!

服をコーヒーで汚してしまった時、いちばん大事なのは「すぐに対処すること」なんです。

「うわーやっちゃった。家に帰ってからシミ抜きしよう…」
シミを残したくないのであれば、これは絶対NGです。

 
コーヒーのシミは水に溶けやすい特徴を持っています。

なので、汚れが定着する前であれば水で落ちる可能性が高いんです。

逆を言うと、時間が経ってしまうほど汚れが定着しやすい…定着した汚れは、とても落ちにくくなってしまうんです。

なので、シミが定着してしまう前に、すぐできる応急処置で汚れの定着を防ぐ必要があるんですね!

では、すぐできる応急処置って具体的になにをすればいいんでしょうか?

 

1. 水で洗う

まずはコーヒーをこぼしてしまった箇所を、お水で揉むように洗ってみましょう。

茶色くシミになっていた部分も、お水で洗うことで徐々に汚れが薄くなっていきます

パッと見て、茶色のシミ!!という感じはなくなるかと思います。

とはいえ、お水で洗うだけでは多少色味は残ってしまいます。若干コーヒー跡が残っているような状態ですね。

ただ、ここまで応急処置をしておけば自宅に帰ってからの洗濯がとっても楽になりますし、何よりシミの定着を防ぐことができます!!

 

2. 叩く

シミの付いてしまった箇所によっては、服を着たままでは洗えない…。

広範囲についてしまったから、このまま洗ったらびしょびしょになってしまう…そんなこともあると思います。

特に出先では、しっかりもみ洗いするのはなかなか難しいことの方が多いかも知れませんね。

そんなときは、是非この方法で対処してみてください!

  1. ティッシュや手持ちのハンカチ、タオルなど、汚れを吸収してくれる布を用意!
  2. 乾いたティッシュやタオルの上に、シミのついた服を乗せる
  3. 別のティッシュやタオルを用意して、水を含ませシミをぽんぽんと叩く

下のティッシュやタオルにシミをうつし取るような感じですね。

これを繰り返し、下のティッシュやタオルに汚れがつかなくなるくらいシミが薄くなったら応急処置完了です。

 

3. 石鹸で洗う

お手洗いのハンドソープや石鹸を使います。ただし、直接シミの部分につけるのではなく、ティッシュやタオルに含ませてください。

タオルにハンドソープを含ませたら、あとは先程と同様に、シミの部分をぽんぽんと叩きます。

こうすることで、水だけでは落ちきらなかったコーヒーの着色が、だんだんと取れていきます。

その後は、水洗い、もしくは水を含ませたタオルでハンドソープを落としましょう。ここまでできれば、シミが定着することはまずないでしょう。

 

これはやったらダメ!コーヒーをこぼした時のNG行動

 

1. 汚れたままにしない

汚れは時間が経過すればするほど、落ちなくなってしまいます。とくにシミは時間の経過とともに段階を経て、段々と定着していくものです。

付着段階 ▶ 吸着段階 ▶ 粘着段階 ▶ 染着段階」といった具合で素材との結びつきを強めていきます。

なので、汚れがついたらすぐに応急処置や、洗濯をすることが大事なんですね。

大事な洋服を守るためにも、汚れたまま放置…これだけはやらないでくださいね。

 

2. こすり厳禁

シミにならないように、なんとかして汚れを落とさなくては!そうなった時、一番やってしまいがちではないでしょうか?

「こすって洗えば、落ちるかな…」
大多数の人がやりがちなのが、汚れをこすることです。

 
こすれば汚れが落ちるんじゃないの?そう思われますよね。だって洗濯の時落ちない汚れって、実際こすり洗いしますもん…!

でもコーヒーで汚れた部分をこすると、さらに汚れが溶け広がる可能性があります。

これは、コーヒーのもつ、水に溶けやすいという性質によるものです。そして服を傷ませる原因にもなりかねないので、こすって洗うのはやめておいたほうが良いですね。

 

3. シミは端から攻めるべし

汚れがついたとき、汚れの中心から落とそうとしてしまいませんか?実はそれ、危険です。

大多数の方は、汚れの中心部分から洗ったり、シミ抜きをしてしまいます。

しかしそうすると、コーヒーシミの輪っかが残り、輪ジミになってしまうリスクが高くなってしまうんです。

さらに中央から端に向かって落とそうとすると、 汚れが溶け広がってしまいます。

それ以上シミを広げないためにも、シミは端から攻めていくのがポイントです!

 

家に帰ったら放置せず、すぐに洗濯を!

何度も言います、コーヒーの汚れを放置しないでください!笑

また、応急処置ができたからといって、帰宅後そのままにしておくのは危険です。なるべく早く洗濯することが何より大事。

最近の洗剤は酵素が入っているので、応急処置してあるシャツであれば、そのまま洗濯機にかけるだけで大丈夫です。

仮に応急処置ができなくても、洗濯機にかければ大体のシミは落ちるでしょう。

 
しかし、シミの具合によっては洗い残してしまう場合もあります。そんな頑固なシミには、漂白剤を使わなければなりません。

大切な洋服、色柄物の場合は色抜けなども心配なので、漂白剤はなるべく使いたくないですよね。

まずは応急処置をして、帰宅したらすぐ洗濯しちゃいましょう!

 

できるだけキレイに落とすためには応急処置がポイント


 
コーヒーをこぼして、絶望しているあなた!つけてしまったシミは、落とせばいいんです(^^)

  • 水で洗う
  • 叩く
  • 石鹸で洗う

きれいに落とすには、この3つの応急処置がポイントですよ。

いますぐ対処すれば、大事な洋服にシミを残さず済むかも知れません!早速試してみてくださいね♪

\ FeTRUCの最新記事をお届け! /

-暮らし

Copyright© FeTRUC , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.