家族の幸せを応援する 主婦・ママ向けメディアサイト

FeTRUC

子育て・家族 暮らし

趣味がないのが悩みの主婦|"趣味"という言葉にとらわれていませんか?

投稿日:2019年11月18日 更新日:

趣味は?って聞かれて「今は育児に追われてそれどころじゃないー!」なんて思いつつも「そのうち子供の手が離れたら空いた時間どうしよう…」と思うことってありませんか?

そうなんですよね、子育てだけで人生終わっちゃったら、ちょっと悲しいんですよね。

主婦の方で「実は趣味がないのが悩み」なんて方意外と多いかも。

そんな悩みを解決すべく、今回はどうやったらうまく自分の時間を見つけられるのか、自分にあった時間の楽しみ方を見つける工夫を探ってみたいと思います!

 



趣味がないのが悩み。趣味を持たないのは悪いこと?

私は子育て中によく、趣味を持ちなさいといわれました。

今思えば、その時の私は子供に過敏になっていたというのか過干渉って言うのか、そこしか見えてなかった……そんな感じだったんですねー。

またそれが親の務めみたいに勝手に思ってしまってたところがあって……。親だからこうしなくちゃいけないみたいな。

子供が小さかったらまだしも、そんな過干渉の親って子供にとってただの迷惑なんだなあと、自分の趣味を持ってみて初めて気付くというのか……。

あ、そうなんだ、子育てってこれでもいいのか!と思えて楽になったことを覚えています。なにか、“子育てこうじゃなきゃいけない呪縛”から解き放たれたような(笑)。

そのうちに、趣味の方が楽しくなってくると、逆に子供との“いい距離感”が生まれてきて。思うに「趣味があった方が子育てがより楽しめる」のだと思います。

 

子育て中のママが趣味を持つことの大切さ

ではなぜ「趣味があった方が子育てがより楽しめる」のか、私なりの考えをお伝えしたいと思います。

 

1.子育ての視点が変わる

どんなことを趣味にするにしても、自分の時間というのは、自分のリセットできる時間です。

いっぱいいっぱいに子育てするより、そういうリセットできる時間があることで、冷静に自分を見つめ直せることも。

あの時ついつい叱ってしまったけど、もっとこういう風に言ってあげればよかったのかなとか、今度はこうしてあげよう!とか、自分をリセットすることで、自分の子育ても見つめなおすことができるのだと思います。

いつも頑張ってる子育てママの、リセットタイム。なにか自分の楽しみをキープしておくといいですね。

 

2.子離れの準備

だんだん子供が成長してくると、いずれ子離れ親離れの「自立の時期」がやってきます。

いざ、その時にママが何の趣味も持ってなかったら……私みたいに過干渉ママになり兼ねません。今から子離れのイメージトレーニングをしておくといいですよ。

今の状態からはそんなこととても想像できないかもしれませんが「いずれは来るんだな」とちょっと頭の隅においておくだけでも、いい子離れができると思います。

過干渉ってある意味、子供への執着やとらわれなんだと思います。執着も行き過ぎると、親の思い通りに子供を育てたいと思ったり、子供の個性を伸ばす妨げにもなってしまう可能性もあります。

お互いに、うまく子離れ・親離れしたいところですね。そのためにも、今から自分を切り替えることができる趣味を持っておくのがオススメです。

 

3.自分が楽しむと、子供にも伝染する

子供が言ったことがありました。「お母さんが好きなことしてるの見てると、ほっとする」と。子供って親の事、見てるんだなあと思いました。

うちの場合は、主人が早くに亡くなってるので、私がいつも忙しくしてたのもあって、逆に子供が心配で過干渉といものもあった訳なんですが……。

いつもばたばたしてるお母さんをみてるより、好きなことをしているお母さんを見てると、ほっとすると言う子供の言葉に「心配をかけていたのは、子供でなくて私の方かも知れないなあ」と思った事がありました。

確かに、お母さんが適度に趣味を持ってもらってる方が、子供も干渉されず助かるという一面もあるのかもしれませんね……(笑)

趣味も度が過ぎると家庭崩壊しちゃいますが、好きな時間を持つ事で、家庭のなかでいい影響力が生まれるんじゃないかと思います。

お父さんというのが一家の大黒柱であれば、お母さんというのは、家庭・家族を支える土台です。そのお母さんが楽しそうにする姿と言うのは、いい意味で子供さんにもうまく伝染していくものです。

 

でも育児で忙しい!趣味の時間はどう捻出するの?

だけど趣味を持ちなさいって言われても、先立つものがない!お金も時間もないし、そんな余裕ないわ!という壁にブチあたりますよね。趣味を見つける事自体がもう苦痛になったりして……!

趣味という言葉にとらわれないで「自分がリラックスできること」「リセットできるもの」というような側面から自分の時間をうまく見つけていけば良いですよ。意外と「これならいいかも!」というものが見つかります。

ちなみに、私は寝るのが大好きだったので、子供と一緒によく昼寝をしてました!(笑)趣味は「ザ・昼寝」。

ボーっとするのが好きな人は、空いた時間にひたすらボーっとして……。それでもだいぶリセットできますよ。

子供が寝静まってから、DVD見まくったり、子供のアルバム作ったり……。今はフリマなどが流行ってるので、趣味と実益かねて、空いた時間にかわいいハンドメイドグッズでも作って売ってみるのも楽しくていいですよね。

 

趣味は自分のご褒美タイムという考え方

子育て中のママって、ほーんと頑張ってますよね。そんな自分にご褒美タイム「子育て中こそ趣味を持つ事のススメ」でした。

子育てを頑張ってるママから、子育てを楽しむママに……そして人生を楽しむママに!参考になれば幸いです。

\ FeTRUCの最新記事をお届け! /
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ronmama

お寺の法話が大好きで、最近は辻井伸行のピアノ演奏にはまりまくってる56歳です。家族との会話を大切にするようにしています。

-子育て・家族, 暮らし

Copyright© FeTRUC , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.