家族の幸せを応援する 主婦・ママ向けメディアサイト

FeTRUC

結婚・夫婦

夫婦喧嘩でのNG行動&禁句!離婚を防いで仲直りするコツ

投稿日:

毎日一緒に暮らしているからこそ、ちょっと大きい喧嘩をしてしまった時にどうして良いか分からなくなることがありませんか?

相手を見る度に、再びその時の感情がよみがえったり、あなたが傷ついた一言やあなたが傷つけた一言が耳にこだましたり、はっきりと喧嘩した時の光景を思い出したり、、、

そんな喧嘩に戸惑いながらも、本当は早く仲直りしたい!どうしたらいいの?と思っていませんか?

今回は夫婦喧嘩でのNG行動&禁句と仲直りするコツをご紹介します。

 



離婚の危機?!夫婦喧嘩でのNG行動

夫婦喧嘩は犬も食わぬと言いますが、それでもNG行動や禁句を言い続けていると離婚の危機につながっていくかもしれません。

夫婦げんか中の何気ない行動や心にもない一言が、実は相手にとってはNG行動や禁句だったりするのです。

まず、NG行動の例を挙げてみます。

 

喧嘩を引きずる

いつまでも喧嘩を日常生活に引きずり、必要最低限の会話しかしない、食事を作らないなど。

 

理論武装で追い込む

頭のいい人に多い、相手の言うことに次から次へと言葉巧みに反論し追い込んでいくなど。

 

その人自身を侮辱、非難、けなす

その人が直せないことや個性について攻撃するなど。

 

脅し文句を言う

相手が嫌がることを実行すると言うなど。

 

罰を与える

お弁当を作らない、お小遣いをあげないなど。

 

暴力

叩く、物を投げる、壊すなどの暴力。

 

親や子どもなど家族を巻き込む

自分の両親や相手の両親に言う、子供に近づけないなど

 

子どもの前での喧嘩

子供が見ている前で喧嘩するなど

 

関係回復をしない

自分から仲直りしようとしない、相手が歩み寄ってもいつまでも許さないなど

冷静な時はどれもNG行動とわかる数々ではあるけれども、長引く喧嘩や仲直りしにくい喧嘩をした時に多かれ少なかれ行っているNG行動が見つかったのではないでしょうか。

 

これは禁句!絶対言ってはいけないNGセリフ

次に、NG行動に含まれている禁句の例を具体的に挙げてみます。

 

お金に関すること

「給料が安い」「もっと稼げ」等、本人がどうにか出来る訳ではなく、むしろ一生懸命に頑張ってくれているとしたら、プライドも心も傷つきますね。

 

離婚に関すること

「もう別れる」「離婚してもいい」等、その時の勢いで思ってもいない言葉を言ってしまう。相手は傷ついたその一言をずっと忘れません。

 

結婚に関すること

「結婚するんじゃなかった」「望んでなかった」等、二人の関係の根底を否定するこの一言はとても傷つき、深く心の底に刃となり突き刺さる忘れられない一言になります。

 

比較すること

「あの人の方が良かった」「前の人の方が良かった」等、他の誰かとの比較は自信をなくす一言です。特に知ってる人との比較は自尊心を深く傷つけます。

この禁句も意外と喧嘩の際に言ってしまっている一言なのではないでしょうか。

売り言葉に買い言葉じゃないですけど、喧嘩中だからと言って本心ではない一言でも、相手にとっては逆に喧嘩中の一言だからこその本心ではないかと思い、根深く二人の溝となっていく可能性もあります。

 
なぜNG行動や禁句を言ってしまうのか、それは「喧嘩は勝負事ではないのに、勝つことにこだわってしまう。」からです。喧嘩すると優位に立つことが勝ちで、謝ることはつまり負けることと思ってしまいがちなんですね。

なぜ、このような勘違いにつながるかというと人は同じではないからなのです。

喧嘩で頭に血が上るというのも琴線に触れるからで、自分の考えが必ずしも相手の考えと同じでなく、自分の当り前が相手にとってはNG行動や禁句だったりする。

このNG行動や禁句が相手を傷つけるからなのです。人間の防衛本能として、傷つけた相手を攻撃してしまうのですね。

相手のNG行動や禁句を知っていますか?相手は、あなたにとってのNG行動や禁句を知っていますか?

 

離婚を防いで仲直りするコツ

喧嘩はコミュニケーションのひとつです。夫婦喧嘩を超えて、お互いを理解し夫婦の絆を深めていくことでしょう。

そうは言っても夫婦になって始めは、お互いが相手のNG行動や禁句を言ってしまうこともある。

喧嘩中はカッとなって後先考えずに言動してしまったり、相手を傷つけたと反省することもあるでしょう。傷つけられたと許せない気持ちになることもあるかもしれません。

でも、思いは一つ!早く仲直りしたい!!では、上手に仲直りする方法を考えてみましょう。

  • 相手を尊重する
  • 勝ち負けではない
  • 素直に謝る
  • 感覚が違うのは当たり前
  • ま、いっか!と思う
  • 人生に相手が必要
  • 共通の話題

あなたは気づいたのではないでしょうか。お二人にとって上手に仲直りするにはどうしたらよいのか。

喧嘩は勝負ではないということを大切にしなければいけないお二人もいるでしょう。

ついつい、謝るのが負けと思って素直に謝れなかったりしてしまいがちですね。

自分の考えを押し通してしまうお二人には、相手を尊重し、感覚が違うのが当たり前であることを大切にしなくてはいけませんね。

喧嘩の後のきっかけがなかなか見つけられないお二人には、共通な話題が必要ですね。

 

上手に仲直りをして愛情を深めよう

  • 喧嘩にはNG行動や禁句がある
  • 喧嘩はコミュニケーション
  • 喧嘩の後の仲直りも大切

喧嘩はしないほうがいいわけではありません。喧嘩というコミュニケーションによって、相手の多くのことを知り、理解しているのです。

上手に仲直りをして愛情を深め、素敵なご夫婦となっていってくださいね。

 
こちらも読まれています!


家事をしない夫に共通する4つの心理と対処法【共働き夫婦】

今や、共働きの家庭が当たり前の令和時代になっています。 しかし、家事分担については昭和のまま時が止まっているかの様だと思いませんか? 「お互い働いているのに家事負担は妻の方が多い。」 「夫に家事を頼ん ...

\ FeTRUCの最新記事をお届け! /
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

roughdiamond

楽しく笑顔で毎日を自分らしく過ごしたいと思っています。SNOOPYが好き☆でも、性格はネコの様に気まぐれです。

-結婚・夫婦

Copyright© FeTRUC , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.